東方BIG野球の公式戦には特例による怪我の回避・軽減というのがある。詳しい説明はウィキを見てもらうとして、今回は新旧チームで特例選手だった射命丸文と寅丸星の成績を比較してみたい。(寅丸星のデータは70試合終了時点でのもの)

・射命丸文 94試合 率.271 1本 26点 49四死球 31盗塁 OPS.751

・寅丸星 70試合 率.281 10本 43点 18四死球 1盗塁 OPS.757

以上が特例選手だった2人の成績である。2人は選手のタイプが違うので一概に比較は出来ないがお互いに似通ったOPSになっているのが面白い。射命丸は一発こそないが自慢の俊足で二塁打三塁打が多く抜群の選球眼で四死球が多いことが1HR対11HRなのに似通ったOPSであることの理由だろう。
射命丸を特例で起用していた頃の彼女の盗塁スペックはST10:ED18だったのだがそれで94試合31盗塁はどういう評価に繋がるのだろうか?当時の記憶を思い出すと走れそうなシーンではよく盗塁指示を出していたがどうにもスタートが切れないという印象が強い。

今後寅丸星はどんな成績を残すのだろうか。それでは。