image

さる9/29。私はハマの番長、三浦大輔投手の現役最後のマウンドを見届けに行った。チケットこそ持ってなかったが試合時に開かれるビアガーデンにて映像が中継されるのでそこで観戦した。
私がスタジアムに着いたときには既に大勢のファンが番長の最後を見届けようとつめかけていた。image
(一部、画像を編集しています)

そして試合開始である。初回いきなり連打を浴びピンチを招くも山田哲人の打った投手への打球を見事処理しゲッツーに。これで3塁ランナーこそ生還されたが1失点で初回を凌ぐとその裏梶谷が同点弾。
2回は3ランで失点するもエリアンのホームランの後2アウトから番長自らヒットで出てそこから連打でこの回一挙5点で勝ち越し。番長の、そしてナインの勝利への意気込みが見れるすばらしい攻撃だった。特に番長は2アウトランナーなしなだけにさっさと凡退して戻るのかと思ったがこれをヒット。勝利への闘志を感じた。
こうしてさあ勝つぞと思ったが現実はそううまくいかなかった。失点を重ねる番長。打線も2回以降点を奪えず回は進む。5回には番長に打席が回る可能性がありここで代打を送り出番終了かと思われたが打席へ向かう用意をする番長。結局5回に打席は回らなかったが6回も続投となった。そして6回裏、先頭打者は番長。今度こそ代打かと思われたが打席へ。そして横浜の攻撃が終わりマウンドへ向かう番長。いったいどこまで行くのかはさっぱり分からなくなった。
7回、先頭の雄平をストレートで三振に取るとラミレス監督は番長の交代を告げる。
6.1回 8奪三振 10失点。
これがハマの番長三浦大輔、最後のマウンドだった。

とにかく今日は番長の日だった。番長がピンチを迎えるとスタンドからは大きな声で三浦コールをし後押しした。ヤクルトの東京音頭もかき消すほど大きな声の三浦コールだった。

正直言うと私はまだ番長の引退についてフワフワした気持ちである。多分本当に番長がいないのを実感するのは、選手名鑑で横浜のページを読んだ時に「18」に誰もいないことあたりのエピソードになると思う。
やれ寂しさとかは感じないのか?って言われてもそれこそ私が野球を見始めたら時からずっといる選手、特に好きなチームの主力をずっと張り続けていた選手だけにいるのが当たり前、当然の存在であり、いないってことを考えていなかったからだろう。今でも三浦大輔がいないベイスターズを想像できていない。

この番長の引退により11年前、最後にAクラスになった時の主力選手は横浜からいなくなった。他チームには相川や村田という当時のレギュラーがいて在籍した選手なら石川雄洋がいるが彼は当時ルーキーで一年通して二軍暮らしだったためAクラス戦士と言われると?である。
しかし、2016年ベイスターズはこの2005年以来のAクラスとなった。当時のAクラスを知るものはいなくなったが今日グラウンドに立った選手、彼らが新しいAクラス戦士である。
Aクラスはとにかく98年の優勝メンバーも全員現役を退いたが今のベイスターズにいる全員が新たなAクラス戦士だ。
三浦大輔が去り横浜大洋-横浜-DeNA と続く歴史を知る選手はいなくなったがこれからは今のメンバーで新たな歴史が作られるだろう。

ここまで長くなってしまった。
ホエールズ、ベイスターズの良いときも悪いときも常にマウンドで投げ続けた番長に、ありがとう。

今回はいつもと趣向の違う記事になりましたがここまで読んでくださってありがとうございました。2016/9/29
image