と、いうわけで7月が終わったので7月の月間MVPを発表したい。今回は野手編である。(6月の月間MVPはコチラ)(7月の投手編はコチラ)

野手 月間MVP 
 

岡崎夢美 23試合 .360 11本 22打点 OPS1.229
今月の月間MVPは教授こと岡崎夢美になった。6月末から調子を上げチームの月間ホームランの約半分を打つ活躍を見せた。(ちなみに24本)わずかな差で月間三冠王は逃したが(夢美.3604 射命丸.3608)この活躍がチーム初の月間勝ち越しを導いたことは明らかだろう。打順は主に3番を、守備は二塁かDHを主に務めた。3番夢美・4番フラン・5番雷鼓のクリーンナップが機能したらリーグ屈指の攻撃陣になるだろう。

(次点:射命丸文 23試合 .361 0本 9打点 OPS.972)
次点に選出するのは射命丸である。彼女も全試合に1番センターで出場し俊足巧打ぶりを見せつけ数多くのチャンスを作り出した。今月のチーム内首位打者である。6打数5安打を2回するなど固め打ちが光った。

(特別表彰:寅丸星 23試合 .310 4本 12打点 OPS.854)
今回はMVP・次点に続いて目立った選手がいたため特別表彰枠を設けたい。それが寅丸星だ。今までの彼女といえば高いポテンシャルを持ちながらもそれをまったく活かせず、エラーに凡退といい所がなく戦犯の1人という風潮があった彼女だがそれを払拭する素晴らしい活躍だった。今まで課題とされていたここ一番という場面でもしっかりと実力を発揮し、持てるポテンシャルを存分に発揮してくれた。これからもこの実力を発揮し、今までの汚名を返上できるかに期待がかかる。

7月の月間MVP・野手編の選評は以上である。7月は投手陣が不調だったがそれを打線がカバーしてくれたことが初の月間勝ち越しの要因となった。これからも投打を噛み合わせ1つでも多く勝っていきたい。