と、いうわけで7月が終わったので7月の月間MVPを発表したい。今回は投手編である。(6月の月間MVPはコチラ)(7月野手編はコチラ)

投手 月間MVP
リリカ・プリズムリバー 9試合 7S1H 防御率0.00 10回
12勝10敗1分で念願の月間勝ち越しを成し遂げた7月だが、月間防御率4.74と6月に引き続き投壊が目だった1ヶ月だった。(6月:4.32)6月に続いてサリエル・聖・霊夢の3本柱は月間防御率が4点を越えるどころか、1試合のみの登板となった魔理沙以外全員の防御率が4点台以上。先発陣総崩れな苦しい台所事情だったがそれを支え月間勝ち越しに導いのがリリーフ陣と打線の活躍である。特に今回月間MVPに選出されたリリカは9試合、10イニングに登板し無失点と完璧な投球を披露し月間勝ち越しの立役者の1人になる。リリカは4月こそ大活躍を見せたが5月6月と不本意な結果が続いたため周囲に復調ぶりを大いにアピールした結果になった。

(次点:カナ・アナベラル 9試合 1勝1敗1H 防御率2.45 11回)
次点に選ぶのは同じくリリーフのカナ。彼女は展開問わず幅広いシーンで登板し結果を残した。こちらも崩壊状態であった先発陣に代わって見事な投球を見せ勝ち越しの要因になったことは間違いない。現在は負傷の治療のため2軍調整中だが必ずやまた彼女の力が必要な時はやってくるだろう。

今月の月間MVP及び次点の選手は以上だ。6月の選評の最後に、「この6月も借金が5増え毎月順調?に借金は5づつ増えている苦しい状況だが今まであまり目立っていなかった選手の躍進が光った。7月以降は今までの主力と上手くかみ合い念願の月間勝ち越し、いやその前にまずは月間成績借金5の状態から抜け出してほしいものである。 」とあったが見事念願の月間勝ち越しを成し遂げられた。その結果の立役者な彼女たちに感謝を、そして不甲斐ない活躍に終わってしまった選手たちの奮起を願いながら7月の月間MVP・投手編の選評を終わりにしたいと思う。
野手編は今度やります。