昨日28日土曜日、コストの改定会議が行われ12月より採用される新コストの決定とルールの改定・新ルールの採用が行われた。その変更されたルールの中でも公式戦にて影響がありそうなものについて書いてみたい。

・選手データのアップデート
東方紺珠伝のキャラクターが新たに追加、その他数人の能力アップデートがなされた選手データを12月より採用する。このアップデートとそれに伴うコストの変更は12月からになる11月の間は旧能力・コストで試合を行うので注意

・2軍の特別追加枠
日々行われている公式戦には戦力の均衡を図るためにコスト制が採用されていて、1軍で120、1・2軍合わせて50人でコスト200であるが公式戦での借金が5つ増える度にそれに関係なく選手を追加できることになる。(50人・200の制限には関係なく追加できるが1軍のコスト制限120は遵守すること)
借金が5になって1人追加したら10になるまで追加はできない。また借金が5(選手追加)→4→5となった場合には5になったからといってもう1回追加することは出来ない。それと1回借金が5を超えたがその時点で追加せずに現状で借金が5未満の時は追加することは出来ない。借金5の時点で追加せずに10になってから2人追加することは可能である。借金に悩んでいるチーム・監督にとっては朗報だろう。

・東方紺珠伝キャラの特別措置
2015年12月1日時点で既にあるチームに限り、東方紺珠伝出身選手を2人まで50人・コスト200の制限に関係なくチームに登録しても良い。これは先述の借金に対する救済措置や秋季大会で追加した選手とは別の措置になる。秋季大会で紺珠伝の選手を登録しているならそれと合わせて3人紺珠伝の選手が登録できることになる。

公式戦のチーム運営に影響が出そうなものをまとめてみた。ちなみに私のチームは現在借金15なため救済で3人、紺珠伝で2人新たに登録できることになる。72試合を消化したがここから巻き返すためにもぜひ有効活用したい。
今回はここまで。ありがとうございました。