納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

2021年01月

完封リレーで勝利

浜宮オイスターズ 4-0 宮崎ファイヤーズ 18:00 福岡PayPayドーム
崎| 000 000 000 | 0
浜| 010 003 00x | 4
勝:永琳 8勝2敗
敗:永琳
S:サリエル 1勝1敗31S
継投:W永琳7.2-H里乃0.1-ルナサ0-Sサリエル1.0

スタメン
8文
7フラン
3雷鼓
2純狐
5衣玖
4妖夢
6直江
9美鈴
1赤蛮奇

・トピックス
双方の先発が永琳のミラーマッチに。

先日の試合は一発攻勢で制したオイスターズ。双方の先発が永琳のミラーマッチとなったが2回裏に4番純狐の17号ソロで先取点を取る。
その後は双方の永琳が好投を見せて1-0で試合は進んだ6回裏、フランの12号2ランと妖夢のタイムリーで3点を取り試合を大きく優位にする。
先発の永琳は7回まで無失点の好投を見せた中迎えた8回表、2死ながら1.2塁のピンチで里乃にスイッチ。このピンチを内野ゴロに仕留める。
9回に登板したルナサが連打でピンチを招いたものの代わったサリエルがゲッツーと三振で抑えゲームセット。完封リレーで連勝となった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。今日はこちらのいい感じで試合が進められた。」
(永琳同士のミラーマッチに)
「お互いにいいピッチングだった。その中で一発を中心に得点が取れたのが良かった。」
(無失点の永琳を代えた)
「勝つための交代。あの状況で送り出せる投手の中で一番抑えてくれそうだったので里乃を送った。」
「今日の完封リレーには守備の貢献も大きかった。もちろん投球は良かったけどバックもそれを盛りたててくれた。投手野手一体となっての完封リレーだったのが嬉しいね。」

2021年初HRが飛び出す一発攻勢で新年初勝利

浜宮オイスターズ 4-2 阿波座ファクトリーズ 13:00 東京ドーム
阿| 100 000 100 | 2
浜| 000 040 00x | 4
勝:豊姫 4勝1敗
敗:メルラン
S:サリエル 1勝1敗30S
継投:W豊姫7.0-Hパチェ1.0-Sサリエル1.0

スタメン
8文
7フラン
3雷鼓
9純狐
4妖夢
6直江
5衣玖
2レイセン
1豊姫

・トピックス
2021年初試合は豊姫が先発のマウンドに。

後半戦開幕から連敗スタートのオイスターズ。年が変わったこの試合で勝ちを掴み取りたかったが豊姫は初回から失点を許してしまう。
3回まで相手先発メルランに無安打だったものの5回、衣玖に2021年初となる同点弾が出るとランナーを2人置いてフランが逆転の3ランを放つ。
豊姫は先生こそ許したものの7回2失点で試合を作るとその後パチュリー・サリエルと繋いで試合終了。
後半戦と2021年の初勝利となった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。今日はうちらしい勝ち方ができたんじゃないかな。」
(衣玖が今年の初HR)
「そこまでメルランに抑えこまれていたし、逆転のきっかけとなるいい一発だった。これが弾みになってくれるといいんだけどね。」
(サリエルが30S到達)
「ここの所出番をやれなかったんだけど、問題なく抑えてくれた。流石の一言。これからも頼りにしている。」
「ビッグイニングと勝ち継投。うちらしい勝ち方を出来たと思っています。これを弾みにして今年も勝って行きたいね。」

攻守噛み合わず連敗

浜宮オイスターズ 3-8 妖精帝國アースガルズ 18:00 福岡PayPayドーム
浜| 000 000 021 | 3
妖| 100 105 10x | 8
勝:瓔花
敗:赤蛮奇 4勝3敗
S:なし
継投:L赤蛮奇5.0-こころ1.0-小悪魔2.0

スタメン
8文
7フラン
3雷鼓
2純狐
Dお空
4妖夢
5衣玖
6直江
9ちゆり
1赤蛮奇

・トピックス
石川負傷によりちゆりが昇格即スタメン。

後半戦開幕は黒星スタートのオイスターズ。先発赤蛮奇は初回から失点を許すものの5回を投げ2失点ととりあえずは試合をまとめる。
しかし打線が妖精先発瓔花を打ち崩せずに6回を迎えると、この回代わったこころが乱調で4失点。この時点で最早万事休してしまった。
8回9回に本塁打で反撃を見せるも時既に遅し。
2併殺と拙攻もあり敗戦。後半戦は連敗スタートとなった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。噛み合わんね。噛み合わん。」
(ちゆりをスタメンに)
「起爆剤的なものを期待してスタメンに入れてみた。」
(赤蛮奇について)
「今日はそこそこと言えばそこそこって出来だったけど、1敗目がついてからの調子が調子なので1回ローテを飛ばし、落としてみます。」
「噛み合わない感じが今のチーム状況を少しばかり表わしている。打破しないとね。」

↑このページのトップヘ