納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

2020年11月

THBIG界隈は1年間の王者を決めるチャンピオンシップの本戦に突入しました。
私の浜宮オイスターズは予選を4位で通過し5位湘南と全3試合制の1stステージを戦うことになりました。

今回はその3試合をまとめて行きます。

・第1戦
浜宮0-5湘南(1勝)
先発はここまでシーズン無敗の赤蛮奇VS我妻。赤蛮奇は初回に先制を許してしまうと、打線も序盤こそチャンスを作ったものの尻上がりに調子を上げた我妻に手も足も出ず5安打完封負け。
赤蛮奇はシーズン初黒星となってしまった。

・第2戦
(1勝)浜宮4-1湘南(1勝)
豊姫-針妙丸の両先発で始まった試合。7回終わって0-0の投手戦となる。
8回表、先頭打者の輝夜に痛恨のソロ被弾で先取点を許したが、直後8回裏にこちらも先頭の美鈴が同点弾を放って追いつくとその後も相手投手陣を攻めたて妖夢・直江の連続タイムリーで逆転。
最後はサリエルが3人で締めゲームセット。対戦成績をタイに戻した。

・第3戦
(1勝)浜宮2-3x湘南(2勝)
先発は永琳対サリエルとなった。初回にフランのタイムリーで先制も6回に同点にされる。
8回に両軍1点を取り合うと試合は延長戦に。
決着は10回裏についた。5番手の霊夢が1死1.2塁とピンチを招く。ここで敬遠を選択し満塁策を取り、投手もこころにスイッチ。後がない場面で代わり端のレティこそ三振に抑えたが続く代打のヤマメにタイムリーを許し万事休す。残念ながら初戦敗退がここで決まってしまった。


――以上がCS1stステージの戦いでした。大まかに言えば後1本が遠い戦いでした。
完封負けを許した初戦も1回3回とチャンス自体は作れており、最終戦は7回以降いくつも好機は作れていました。特に最終戦はそこで甘い球が来ても仕留めきれなかった。というのが大きかったと判断してます。


実質的に20年シーズンがここで終了となりました。来季以降にリベンジと行きたいものです。




―おわり―

打ち合いの末サヨナラ勝利

浜宮オイスターズ 7-6 京町堀ファクトリーズ 18:00 横浜スタジアム
宮| 203 100 000 0 | 6
浜| 011 300 010 1x| 7x
勝:パチェ 4勝2敗
敗:マイ
S:なし
継投:マイ4.0-カナ1.0-こころ2.0-霊夢2.0-Wパチェ1.0

スタメン
8文
7フラン
3雷鼓
2純狐
5妹紅
9美鈴
4石川
6直江
1マイ

・トピックス
CS予選は4位で通過。プレーオフ・ファーストステージは湘南と対戦することに。

CS予選も終わり迎えたこの試合。先発のマイは先頭打者ホームランを許すと結局4回6失点KOと不本意なピッチングに終わる。
一方打線は2回3回と1点を返すと、4回にはフランの3ランで1点差に迫る。
5回以降は両軍ゼロ行進で進み迎えた8回。純狐の今日2本目の犠牲フライでついに同点に追いつく。
9回のチャンスはファクトリーズのマイが踏ん張り抑えると延長に。10回裏に連打でチャンスを作るとバッターは純狐。打球はライトの頭上を越え2塁走者のレイセンが返りホームイン。サヨナラ勝利となった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。序盤から打ち込まれる苦しい展開だったけど勝ててよかったです。」
(4回で降板させる)
「本調子じゃなかったからね。明日移動日で試合もないし、今日はある程度積極的に(投手を)使っても良い日と決めていたのでその通りにした。」
(4番が3打点)
「チームの中心に相応しい活躍だった。これからのCS本戦も期待している。」
「これからCSの本戦。どこも予選を勝ち抜いたチームで強いけど、うちにも勝てる力はあると思ってます。ありがとうございました。」

↑このページのトップヘ