納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

2017年05月

現在、オールスターゲームのファン投票が行われています。
ネットや球場など様々な所で投票が出来ますが皆さんしてますか~?って訳で今回は自分がネットで毎日投票しているメンツを紹介しようって記事です。
以下が投票しているメンツです。
image

image

私の独断と偏見モリモリなメンバーです。まぁある程度はそれっぽい選考ですが。
どんな意図で選んだかは違う記事で紹介するかもしれないし、しないかもしれないです。
それでは。

歩きに歩いて大勝

浜宮オイスターズ 8-4 茨城ミラクルズ 18:00 札幌D
茨| 000 010 003 | 4 
浜| 101 015 00x | 8
勝:永琳 2勝 
敗:幽香
継投 W永琳9.0

スタメン
8レミリア
6夢月
3純狐
5星
7八雲藍
9椛
2鈴瑚
D石川
4影狼
P永琳

・トピックス
ここまで煮え湯を飲まされている幽香相手にどう攻めるか?

さぁまたしても連勝は2で止まってしまい迎える今日の試合。初回に藍の内野ゴロの間に先制すると3回には藍のタイムリーで追加点を取る。 
先発永琳は4回まで0に抑えていたものの5回に2死から寅丸がエラーをしでかすなどして失点。これにて1点差に迫られてしまう。その後藍の一発で再び2点リードとし6回裏、この回幽香と代わったルナチャ相手に1イニング7四球と攻め立て5得点。なお石川が1イニング2四球、1試合3四球で猛歩賞を達成した。 
先発永琳は最終回に3ランを打たれてしまうも4失点(自責3)で完投勝利となった。

今日の寅丸さん
中安 遊ゴ 二ゴ 二ゴ1 左安 .283 13 49
寅丸さんへのひとこと「マルチ安打はいいのだが守備が良くない。」

試合後コメント
「お疲れ様でした。いつも打ちあぐねている幽香相手に勝てたのは嬉しいね。」
(10四球と多く歩いた)
「幽香やその後投げたリリーフ投手相手に自制心を持ってよく球を選べていた。相手に合わせたアプローチが出来ていた。」
(反省点について)
「多く点は取れた。ただプレーでたまにまずい所があった。今日は差がついたから致命傷にはならなかったが、場合によってはそう(致命傷に)なかねない。」
「悪い点もそらあったけどいつも打ちあぐねている幽香相手に点を取り勝てたのはポジティブな点。これからも幽香を打っていきたいね。」

さて、先週末に天狗VS夢幻館の試合を終えた勢力対抗。
今週末には準決勝第2試合の神霊廟VS星蓮船の試合が開催される予定だ。
両軍元々戦力の整ったチームだが補強により強さを増している。
どちらが勝ち上がっても決勝では天狗チームの大きな敵となるだろう。

3連勝の壁高し。今回も涙を呑む

浜宮オイスターズ 5-8 霧島ハルバーズ 18:30 福岡 ヤフオク!ドーム
霧| 001 105 010 | 8 
浜| 000 100 310 | 5
勝:朝倉  
敗:天子 3勝7敗
S:八雲紫
継投 L天子7.0-エリー1.0-ルナチャ1.0

スタメン
8レミリア
6夢月
2純狐
5星
7八雲藍
9椛
3影狼
1天子
4石川

・トピックス
DHが無いのに9番石川。倉本かな?

さぁ劇場ながらもミスティア初セーブで2連勝としもう何回目か数えるのも面倒になってきた今季初の3連勝チャレンジ。先発天子は危なっかしい投球ながら5回までを2失点で凌ぐ。
打線は4回に藍の二塁打で1点返し1点差とした6回、1点を許しなおも満塁のピンチで相手の主砲・夢美に痛恨のグラスラ被弾。
その後代打芳香の今季初HRなどで反撃するも及ばずゲームセット。今回も3連勝とはならなかった。

今日の寅丸さん
中飛 左二安 左安 投ゴ 左飛 .282 13 48
寅丸さんへのひとこと「逆方向への2安打で打撃好調も守りでのミスが痛かった。」

試合後コメント
「いやもうね、遠いね。3連勝。」
(天子の投球について)
「序盤の投球を考えると途中まではよくぞそれで凌げた感じですね。」
(芳香に初HR)
「芯をくった時の飛距離は屈指のものがあるね。凄いスイングだね。」
「それにしても3連勝が遠いね。今年中に何とかそれを達成したい。達成するって事は連勝しているって事だから自ずと結果も出るでしょう。」

さぁ迎えた準決勝。天狗・映姫対夢幻館・菫子の両先発で始まった試合は初回、文を1塁に置きはたての2ランで先手を取る。その後も魔理沙のHRなどで4回までで4-0とリードを取るものの夢幻館も譲らない。
5回裏に夢美が3ランを放ちチーム初の失点を喫す。しかしその後はたてが今日4打点目となるタイムリーやヘカーティアに待望の一発が出て再びリードを4点差に広げるも疲れの見えた映姫から代打諏訪子・妹紅の連続タイムリーで2点差に迫られる。
なおも2死2塁のピンチ、一発出れば同点の場面で投手を小鈴にスイッチ。ここは小鈴が何とかてゐを打ち取り凌ぐ。9回表に椛のタイムリーでまた3点差に広げ9回裏。
続投の小鈴は簡単に2死を取るもののそこから3連打で2点差にされ投手をアリスにスイッチ。しかしこのアリスが代わり端をオレンジに打たれ1点差。2死1・2塁とされ打者は諏訪子。この諏訪子を敬遠し2死満塁。さぁ、試合は大詰め。バッターは妹紅。
さぁクライマックス。妹紅の放った打球は力なく内野に上がる。これをガッチリと捕りゲームセット。最後猛烈な追い上げを喰らったものの何とか逃げ切り勝利。決勝進出を決めた。
なお補強選手は、夢美・早苗・諏訪子となった。

勢力対抗準決勝 天狗VS夢幻館 東京D
天|201 100 121 | 8
夢|000 030 022 | 7
勝:映姫
敗:菫子
S:アリス
継投:W映姫7.2-H小鈴1.0-Sアリス0.1
HR:はたて(2回2ラン) 魔理沙(4回ソロ) ヘカーティア(8回ソロ)

↑このページのトップヘ