納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

2017年02月

今のオイスターズは2チーム目。1チーム目では使わなかった選手を多く採用している。しかしながら数人は前チームでも使っていた選手がいるので今回はそんな野手を紹介したい。

・寅丸星
前 53試合.260 6 21
後 73試合.282 11 44

・犬走椛
前 23試合.236 0 3
後 21試合.359 0 3

・紅美鈴
前 38試合.219 0 5
後 9試合.111 0 1

・魂魄妖夢
前 22試合.170 0 1
後 64試合.298 1 22

・石川雄洋
前 7試合.087 0 0
後 73試合.228 1 20

以上が該当する野手たちの成績だった。美鈴を除く4人は成績が以前のチームより向上していた。とりわけ椛の向上ぶりに素晴らしいものがあった。

今のオイスターズは2チーム目。1チーム目では使わなかった選手を多く採用している。しかしながら数人は前チームでも使っていた選手がいるのでそんな選手を紹介したい。今回は投手を紹介する。

・サリエル
前 18試合 5勝8敗 3.57
後 7試合 1勝3敗 8.31

・メディスン
前 12試合 2勝4敗 6.22
後 3試合 3敗 11.15

・朱鷺子
前 7試合 2敗 8.64
後 9試合 1勝1敗 10.24

・小悪魔
前 13試合 1S 3.00
後 12試合 1敗 12.43

以上が両チームで登板した選手だ。それにしても全員成績が悪化しているのはもうどうしようもない。ここから好転する選手はいるのだろうか?

毎度おなじみサリエル。勢力対抗では13回完投勝利など話題には事欠かないがオイスターズでも先発をしている。そこで今回はここまでの登板を見てみたい。

5/4 VS天地人 6回11失点 負け
シーズン32試合目にして初登板。天地人戦に対しての秘密兵器だったが返り討ちに

5/11 VS天地人 7回6失点 負け
天地人のシーズン最終戦にも登板。しかし大物喰いはならず。

5/18 VS茨城 6回2失点 
6回2失点と無難にまとめるも勝敗つかず

5/25 VS茨城 6回3失点 負け
6回まで1失点も7回妖夢に被弾し敗れる

6/1 VS霧島 0回0失点 
16年度のCS第1ステージ初戦を任されるも先頭に危険球で退場

6/9 VS茨城 5回6失点 勝ち
本来の投球からは遠すぎる投球も後続が何とか逃げ切り初白星

6/23 VS霧島 0.1回0失点 
2人目の打者のライナーが直撃し負傷退場 後続の一輪とこころは魂が乗り移ったかのような投球で完封リレー

ここまでの成績 7登板1勝3敗 8.31

以上が今季のサリエルの今までである。天地人戦では2回投げ2炎上、茨城相手にはそこそこ抑えたり炎上したり、霧島相手には2回ともアクシデントで1回投げきれない。と少なくとも全盛期のパフォーマンスが発揮できてるとは言えない。今まで甲子園や勢力対抗、過去のペナントで輝かしい結果を残してきた。ここでも今後その輝きを見せ付けられるのか。

ついに今日2月25日、各地でオープン戦が開幕した。
多くの野球ファンは侍ジャパンがいいところなくソフトバンクに負けたことが話題になりそうだが。てかこういう攻撃2016年4月頃よく見たゾ
その裏で横浜は巨人から移籍してきた平良が古巣相手に5回零封の好投を見せローテ入りへアピールするとルーキー佐野のホームランや新外国人シリアコのマルチ安打と新戦力が躍動し5-3で勝利と幸先の良いスタートを切れた。
特に今年はキャンプから新戦力の躍動が目立ち近年でもとりわけ楽しみな春を過ごしている。
さらにサッカーJ1も開幕戦が開催され優勝候補の鹿島や浦和が負ける波乱のスタートとなった。
もうシーズンはすぐそこ。あなたの贔屓チームはどうですか?

先日、霊夢の完封勝利により天狗が妖精を下し準決勝へ進出を決めた。こうして勢力対抗は4強が出そろったことになる。
対戦カードは、
夢幻館VS天狗
神霊廟VS星蓮船
となった。
なんやかんやで両カードに関わっているので両方とも絶対に勝ちたいものだ。
それでは。

↑このページのトップヘ