納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

2016年10月

Bリーグ試合開催後お馴染みの優勝ラインの話についての記事である。

斑鳩 19-15-0 .559 M1
妖怪 16-16-2 .500 2.0 
博麗 15-16-3 .484 2.5
薬局 15-18-1 .455 3.5


上記が現在の順位で以下が現在の優勝ラインである。

 0winningline7

まず博麗が薬局に大敗し優勝の可能性が完全に消滅した。そして斑鳩VS妖怪の天王山は斑鳩が勝利しマジック1が点灯。妖怪逆転Vには妖怪は残り2試合全勝かつ斑鳩の残り2試合全敗が唯一の可能性である。
いよいよ残り2試合となり大詰めとなったBリーグ。このまま斑鳩がリードを守りきりVを掴むのか?それとも妖怪がマジック1の土俵際がら大逆転をするのか?クライマックスはすぐそこだ。

5月の月間MVP、今回は野手編である。(3.4月野手5月投手)


野手5月度月間MVP:レミリア .381 8 14 OPS1.130 XR27:10.13 wOBA.486

次点:純狐 .324 7 18 OPS.978 XR27:7.89 wOBA.422

―今月も散々だった投手陣に対し今月も打線は中々の好成績を残した。チーム打率は.293に総得点115(1試合あたり4.6点)という結果である。

今月のMVPはレミリアにした。打率本塁打の二冠王に輝き幻想郷最強選手の意地を見せた。XR27が10点台という好成績には驚きを隠せない。(ちなみに併殺は3回でチーム2位)
次点には純狐を選出。本塁打2位、打点1位タイ(藍が同点1位)に輝き3.4月のMVPに続き今月は次点と確実に打線の中核を担っている。ちなみに先月次点の夢月は今月も打率.341と好成績だったものの今月は単打が多く各種指標が伸びなかったため選外となった。

オマケに4番・寅丸というと.296 2 12という成績であった。意外にも併殺は2つ。月間併殺王という不名誉なタイトルを取るには至らなかった。寅丸も単打が多く、彼女の今のイメージとしては「打てば倉本、守れば白崎」といった所か。(注:倉本はDeNAの倉本寿彦内野手。今季3割に近い高打率を残したが単打が多かった。ちなみに倉本も左打者のくせに併殺が多かった。白崎は同じくDeNAの白崎浩之内野手。サードの守備力に良いものをもつがここ一番で痛恨のエラーをしでかす印象がある。ちなみにプロ入りから現在まで全てのHRがレフト方向へのソロである。)


今月の月間MVPと次点は以上のようになった。来月以降も選手の頑張りに期待したい。

3位争いの大一番は大敗で優勝の可能性が消滅  

幻想郷Bリーグ第34戦 博麗文々。ドリームズ対八意薬局ウィングス 神宮(薬局ホーム)
博麗2-17薬局
博| 100 100 000 |2 
薬| 110 420 36x |17
z334g34order

継投 

敗:メルラン9.0―大妖精、レティ

―優勝の可能性が僅かに残されている博麗。今日の相手は3位争いの相手となる薬局。ここの所好調なだけに下位に低迷していても侮れない相手だったが先制に成功。しかし1回2回と失点し勝ち越される。4回に追いつくもののその後メルランが打ち込まれ打線も点が取れず結局大敗。この負けで優勝の可能性が潰え最下位転落も現実的になった。

試合後コメント

「まぁ、負けたね。特に言うことはないよ。」
(なぜメルランを完投させた)
「この試合、メルランが打ち込まれ勝ち目がもう僅かになった。そういう試合でムリに戦力を使うよか残り2試合でガッツリ戦力を投入したかったからね。」
「メルランには当然期待していた。でもこういう結果を出されるとねぇ。確かに最後まで投げさせたからこんな結果になってしまった。でもなぜこういう起用になってしまったのか?もうこのリーグで出番はないけど今後に向けて頑張ってほしい。」
「残り2試合。まだ自分たちに出来ることはある。それを成し遂げたい。」

Bリーグは残り3試合。各チームとの対戦はあと1回となった。対戦カードは以下の通りだ。(左がホーム、カッコ内が予告先発)


妖怪(村紗)VS斑鳩(屠自古) @幻想郷 
博麗(メルラン)VS薬局(さとり) @神宮 


・試合開始時刻は2試合共に22時

33節終了時点での順位
(左より、勝ち-負け-引き分け-勝率-ゲーム差)

斑鳩 18-15-0 .545 -
妖怪 16-15-2 .516 1.0 
博麗 15-15-3 .500 1.5
薬局 14-18-1 .438 3.5


前戦は勝利し連敗を止めた博麗。残るは3試合で後一踏ん張りである。少しでも良い結果で終われるためにも白星が欲しい。そして今節薬局戦に勝つと3位以上が確定するだけに是が非でも勝ちたい試合になる。

そして何より注目はもう片方の試合、斑鳩VS妖怪だろう。1位2位間の差は1.0。首位攻防戦としてこのペナント天下分け目の大一番になる。この試合の勝者が優勝にグッと近づくだろう。注目の一戦、試合開始は22時からだ。

前回対戦時のオーダー


z334g31order

木曜にプロ野球ドラフト会議が開催され早や数日。ここ東方BIG野球でも毎年恒例のドラフト会議を開催する。(詳細はコチラ)

野手・投手ごとに選手を指名しチームを編成する。今年のドラフトの注目点として、紺珠伝キャラの指名が解禁されることだろう。特にヘカーティア・クラウンピースは1位指名も噂され場合によっては競合もあるかもしれない。

各監督の指名動向と言うと、紫安氏が豊聡耳神子の1位指名を公表している。

そこでバフェ将の1位氏名はどうなのか?と言われるとここまでそう言った動向は見られない。今後の続報が待たれるばかりだ。


毎年恒例のこのドラフト、今年は22時から開催される。今から22時が待たれるばかりだ。

↑このページのトップヘ