納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

2016年10月

斑鳩、逆転勝ちでV決める 


image

30日夜、幻想郷Bリーグ35節が開催された。神宮球場で開催された薬局対斑鳩は斑鳩が7-5で勝利した。この結果残り1試合を残して斑鳩の優勝が決まった。


試合内容:4回を終えて0-4と苦しい展開だったがその直後5回表に安打を重ね4点ビハインドを追いつく。8回裏に咲夜のタイムリー1点勝ち越されるものの9回に代打・諏訪子の代打本塁打で再び同点にして延長戦へ。11回にランナー1人置いて明羅が決勝点となる勝ち越し2ランを放つ。最後早苗が1死1・2塁のピンチを作ったが0に抑え試合終了。他会場で行われていた博麗対妖怪で2位妖怪が敗れたため既に優勝は決まっていたが自ら勝利し優勝に花を添えた。


幻想郷Bリーグ第35節 八意薬局ウィングス5-7斑鳩ミラクルスターズ(延長11回) 明治神宮球場 18:00
斑|000 040 001 02|7
薬|000 400 010 00|5
勝:早苗
敗:朱鷺子


日本ハム日本一から1日。今日Bリーグも王者が決定するかもしれない。対戦カードは以下の通りだ。(左がホーム、カッコ内が予告先発)


博麗(菫子)VS妖怪(朝倉) @横浜
斑鳩(パルスィ)VS薬局(赤蛮奇) @神宮 


・試合開始時刻は2試合共に22時

34節終了時点での順位
(左より、勝ち-負け-引き分け-勝率-ゲーム差)

斑鳩 19-15-0 .559 M1
妖怪 16-16-2 .500 2.0 
博麗 15-16-3 .484 2.5
薬局 15-18-1 .455 3.5


前戦負けてついに優勝の可能性が潰えた博麗。現在斑鳩がM1で優勝目前だ。今日対戦する妖怪は逆転Vを遂げるには全勝かつ斑鳩の全敗が求められる。そしてこの試合の勝者はリーグの3位以上が決まるだけに非常に大事な試合になる。プレーボールは22時だ。


前回対戦時のオーダー

z334g32order

前回のあらすじ:投手の指名が終わりました


―と、言うわけで今回から野手指名に移る。その野手指名、栄えある1位指名に選択された選手は・・・


「豊聡耳神子」


である。もう神子といえばどこが指名するのか皆分かりきっている。半ば囲い込みといえる状態だが今年敢えて強行指名に及んだ。この時脳内には長野や菅野、大谷を強行指名した日ハムのことが連想されていた。(長野と菅野は断られたけど)

さて、この強行指名で2球団競合となった神子。抽選の時間である。この抽選、結果から言えば外してしまった。しかもお互いアレな出目で競った結果の外れなのでこれはもう運命力の不足と思って諦める他ない。ただこの1位指名については、「抽選で勝負した結果の外れなので後悔はない。囲い込みをはじめとするドラフトの形骸化について一石を投じれたのではないか?」と満足気であった。


そして外れ1位には勇儀を選択。ここでは競合なく無事入団が決定した。こうしてめでたく1位指名が終了。続きは次回以降にしたい。それでは。

毎年恒例のドラフト、そしてそれに伴い開催されるトーナメントが今年も行われた。早速1回戦の試合を行い結果が出たのでここに記したい。


―昨年は2試合連続サヨナラ弾のド派手な勝ち方で準優勝を成し遂げ迎えた今年の大会。今年こそ優勝を狙って挑んだが3回にはたてのタイムリーで先制されると1点返した直後2点取られリードを広げられる。6回裏に1点返すものの8回にも失点し3点差。結局最後まで点差を縮められず2-5で敗北。今年のトーナメントは1回戦で涙を呑んだ。


ドラフトトーナメント1回戦

2-5

勝:静葉

敗:阿求

S:リリーW

と、言うわけで10/22に「東方BIG野球NANDAドラフト会議2016 」が開催された。今回はこのドラフトで指名された選手や当時の様子を何回かに分けて書いてみようというわけだ。


―ついに指名の時は来た。まずは投手指名からだ。今回1位指名で選択されたのは抑え投手。そうなればなんとなく他で指名されそうな選手は予想が出来る中選択した選手とは・・・

第1回選択希望投手に選ばれた投手は・・・


「村紗水蜜」


パーフェクト達成など様々な記録を打ち立てた村紗をクローザーとして指名。1位に抑えということで早苗や紫にリリカ、そして今回から参戦のクラピーなどの指名が予想されるなか村紗を選択。先ほど述べた選手に人気が集まることを見越して1本釣りを狙った。 

結果から言えば1本釣りに成功。内心同じことを考えている所が他にないかとヒヤヒヤしていたが競合せず村紗の獲得に成功した。ちなみに早苗・紫・リリカは競合がなかったがクラピーに3球団競合という結果になった。なおさとりに1位指名が来たことにも注目したい。これは外れでなく本指名でだ。


続く2位指名はリリーフの3。6回から登板可能な投手だ。ここではサグメを選択。回跨ぎを苦にしない点を注目して指名したがここは競合して抽選に。結果というと・・・


外しました。(´・ω・`)


さて気を取り直して外れ2位に選択したのは。指名理由はサグメとほぼ同じだ。しかしここも競合で抽選に。この結果は・・・


(σ゚∀゚)σゲッツ!! 


てなわけでめでたく抽選を当て聖が2位で入団。その後は3位4位は決勝・それ以外の先発の指名の場となりサリエル、阿求を単独指名。3位の魅魔には5球団の指名が競合しこれは史上初だったようだが我関せずとばかりにサリエルを指名。俺を誰だとおもってるんだ()

リリーフ指名となった5位6位にはミスティア赤蛮奇を指名したが競合。この抽選を両方当てて投手6人の指名を終了。抽選結果はここまで2勝1敗となった。


ここまで駆け足気味に投手指名を振り返ったがドラフトはまだ半分。野手の指名が残っている。残りは次回以降に続けたい・・・


投手指名選手

1位(抑え):村紗 

2位(中継ぎ3):聖 

3位(先発1):サリエル

4位(先発2):阿求

5位(中継ぎ1):ミスティア

6位(中継ぎ2):赤蛮奇

↑このページのトップヘ