納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

2016年01月

今回はまたリアルでBIG野球をやったのでその報告を。
ヤクルト対ソフトバンクで私がヤクルトでした。

燕 |000 000 000 |0
鷹 |100 000 00x |1
投手
燕 敗:石川8.0-中村
鷹 勝:武田7.0-H:五十嵐1.0-S:サファテ1.0-細川
本塁打:鷹 今宮1回

奇しくも日本シリーズで対戦したチームでの対戦となった。両チーム山田と柳田というトリプルスリーを達成した選手を1番に据えた。試合は1回裏、ホークスの2番今宮がヤクルト先発石川の失投をライトスタンドへ運び先制。その後石川は安定した投球を続け8回1失点も打線がチャンスを生かせずホークス投手陣に完封され結局敗れた。なお両チームトリプルスリーの選手を1番に据えたが結果は、
山田:4-1 1四球
柳田:4-0
だった。

と、言うわけで今回はBIG野球で何か縛りや特殊なプレイが出来ないか考えようというわけです。
さすがに何かの縛り・制限で公式戦をこなすのは無理があると思われるので単発の試合や大会で出来たら面白そうかなと思ったり。
例えば某バントの人みたいにスイングや送球を禁止してみたりするのがパッと思いついたものです。
例えば送球禁止にしたなら、
・内野ゴロは一塁以外全部セーフ
・盗塁はスタートさえできれば自動成功(はたてもニッコリ)
・積極走塁も自動セーフ など
この送球禁止ルールはもう少し考えてみても面白そうです。
そしてスイング禁止は攻撃手段が四死球かバントヒットのみなので攻撃力がネックとなりそうですね。 まぁ、縛りは色々と考えてみますし何かしらアイデアがあったらぜひ教えてください。 今回はこんな所で。ありがとうございました。

と、言うわけで月間勝ち越しを果たした7月は打線とリリーフ陣に拠る所が大きかったのだが実際打線は同だったのか見てみたい。
↓が7月の主な打線の陣容である。(ちなみにこのオーダーで試合はしていない)
07order
月間MVP候補の3人が打率3割とOPS0.8以上を揃って達成しており、打線のキープレイヤーであったことが窺える。そしてフランもOPS0.8以上で月間2位の5HRを、雛はチーム3位となる9打点を達成しており彼女たちもまた打線では欠かせなかった選手になる。
よく打ったからこそこのベストメンバーに入れたとも言えるが8人全員が打率.250以上なことからも打線が力を発揮したことが見れるだろう。比較としてマシンガン打線として有名な98年の横浜いてまえ打線として打力でリーグ優勝を勝ち取った01年の近鉄打線のデータを以下に置いておく。(日本プロ野球RCAA&PitchingRunまとめblog様より)
98横浜
20130819150357bf1
01近鉄
20140712052304e89

8月からは妹紅に代わり5番一塁に雷鼓を抜擢。8月も打線の力は発揮できるのかに注目だ。

と、いうわけで7月が終わったので7月の月間MVPを発表したい。今回は野手編である。(6月の月間MVPはコチラ)(7月の投手編はコチラ)

野手 月間MVP 
 

岡崎夢美 23試合 .360 11本 22打点 OPS1.229
今月の月間MVPは教授こと岡崎夢美になった。6月末から調子を上げチームの月間ホームランの約半分を打つ活躍を見せた。(ちなみに24本)わずかな差で月間三冠王は逃したが(夢美.3604 射命丸.3608)この活躍がチーム初の月間勝ち越しを導いたことは明らかだろう。打順は主に3番を、守備は二塁かDHを主に務めた。3番夢美・4番フラン・5番雷鼓のクリーンナップが機能したらリーグ屈指の攻撃陣になるだろう。

(次点:射命丸文 23試合 .361 0本 9打点 OPS.972)
次点に選出するのは射命丸である。彼女も全試合に1番センターで出場し俊足巧打ぶりを見せつけ数多くのチャンスを作り出した。今月のチーム内首位打者である。6打数5安打を2回するなど固め打ちが光った。

(特別表彰:寅丸星 23試合 .310 4本 12打点 OPS.854)
今回はMVP・次点に続いて目立った選手がいたため特別表彰枠を設けたい。それが寅丸星だ。今までの彼女といえば高いポテンシャルを持ちながらもそれをまったく活かせず、エラーに凡退といい所がなく戦犯の1人という風潮があった彼女だがそれを払拭する素晴らしい活躍だった。今まで課題とされていたここ一番という場面でもしっかりと実力を発揮し、持てるポテンシャルを存分に発揮してくれた。これからもこの実力を発揮し、今までの汚名を返上できるかに期待がかかる。

7月の月間MVP・野手編の選評は以上である。7月は投手陣が不調だったがそれを打線がカバーしてくれたことが初の月間勝ち越しの要因となった。これからも投打を噛み合わせ1つでも多く勝っていきたい。

↑このページのトップヘ