納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

魔理沙を打ち砕き3連勝 CS予選は白星スタート

浜宮オイスターズ 5-3 妖精帝國アースガルズ 18:00 楽天生命パーク宮城
妖| 000 300 000 | 3
浜| 200 120 00x | 5
勝:豊姫 2勝1敗 
敗:魔理沙
S:サリエル 1勝1敗22S
継投:W豊姫7.0-Hパチェ1.0-Sサリエル1.0

スタメン
8文
6直江
3雷鼓
7純狐
5妹紅
9妖夢
4石川
2レイセン
1豊姫

・トピックス
雨天の中の試合のため、フランは出場不可。

この試合から年間王者を決めるチャンピオンシップの予選が始まる。オイスターズは初優勝を目指し豊姫を予選の開幕投手に立てた。
その豊姫は豪快な投げっぷりで三振の山を築くと、打線は初回に純狐の犠牲フライと妹紅のタイムリーで2点を先制する。
4回表に磨弓と妖精先発の魔理沙に一発を浴び2-3と逆転されるものの、直後妖夢の3号ソロで追いつくと5回裏には雷鼓の14号2ランで5-3と逆転に成功。
豊姫は7回3失点二桁12奪三振で降板すると、そこからパチュリー・サリエルと繋いで試合終了。予選のオープニングゲームを白星で飾った。

試合後コメント
「お疲れ様でした。今日もよくバットが振れていたね。」
(直江太結、3日連続の猛打賞)
「今日はフランを使えないんでここ2日の当たりを見て思いきって2番で使ってみたんだ。初回の先制はあの三塁打がなければ取れないものでした。とにかく凄いね。」
(永琳が抹消)
「昨日の登板後、軽い違和感があったので(抹消しました)。大事にはならなそうなのでローテを1回飛ばすだけです。」
(豊姫が12奪三振で2勝目)
「初回から快調だったね。やっと2勝目?ピッチングは良いし、これからたくさんついてくるだろうね。というかそうなるようにこっちも頑張らないとね。」
「予選の最初を勝ててよかったです。今年こそ!だね。ありがとうございました。」

瓔花撃ちで2試合連続の二桁11得点快勝

浜宮オイスターズ 11-6 北堀江ファクトリーズ 18:00 ナゴヤドーム
妖| 300 002 100 | 6
浜| 702 101 00x | 11
勝:永琳 6勝2敗 
敗:瓔花
継投:W永琳6.0-カナ1.0-ルナサ2.0

スタメン
8文
7フラン
3雷鼓
2純狐
5妹紅
9妖夢
4石川
6直江
1永琳

・トピックス
先発はここまでチームトップ・5勝の永琳。

昨日は二桁得点で圧勝したオイスターズ。勝ち頭・永琳で連勝と行きたかったものの初回から3失点と出鼻を挫かれてしまう。
しかしその直後1回裏、満塁から妹紅の走者一掃の二塁打に妖夢タイムリー。そして昨日合流の直江太結が1号3ランと初回から一挙7得点の猛攻で北堀江先発・瓔花を早々にKOさせる。
その後も小刻みに追加点を取ると永琳も2回以降立ち直り無失点投球となり試合を優位に進める。
永琳は6回に捕まり2失点となり結局6回6失点(自責点5)と今ひとつな投球で降板したもののカナ・ルナサの両リリーフが反撃を無失点で抑え試合終了。奇しくも2日連続で同一スコアの11-6で快勝。連勝となった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。初回の大量点で試合のペースを握れたね。」
(直江太結、2日連続猛打賞で早くも6打点)
「凄いね。レギュラー取りへの気迫がプレーに出ている。さすがに毎日猛打賞!ってわけには行かないだろうけど長く好調を維持して欲しいね。」
(永琳は6回6失点)
「初回こそふらついていたけれど、それ以降は大量リードもあって上手く立て直せたと思う。6回は……、疲れでも出たのかな?点差もあったんで投げてもらいましたが。」
「2日連続で二桁得点。よくバットが振れている。この調子を長く維持して、勝ち進みたいですね。」

成美・アリスを撃ち二桁11得点快勝

浜宮オイスターズ 11-6 妖精帝國アースガルズ 13:00 ほっともっとフィールド神戸
妖| 020 100 102 | 6
浜| 051 010 04x | 11
勝:朝倉 2勝2敗 
敗:成美
継投:W朝倉6.1-さとり0.2-H里乃1.0-こころ1.0

スタメン
8文
9妖夢
3雷鼓
2純狐
Dお空
5妹紅
4石川
6直江
7オレンジ
P朝倉

・トピックス
負傷の夢子に代わって直江太結が一軍初登録即スタメン。屋外デーゲームのためフランはベンチスタートで2番は妖夢に。。

直江太結が新たにラインナップに加わったオイスターズ。先発朝倉は2回に魔理沙の一発と守備の乱れから2点を許したものの、その直後2回裏にオレンジの内野ゴロ間のプレーで1点を返すと満塁として2番妖夢の走者一掃タイムリー二塁打・雷鼓のタイムリーでこの回5点を取り逆転する。
その後もコツコツ追加点を重ねると先発朝倉は6回と1/3を投げ4失点で降板。後はリリーフに託すことになった。
その後さとり・里乃と繋いで迎えた8回裏。純狐・お空の2者連続ホームランと大妖精のタイムリーで4点を追加し試合を決定的にし終わってみれば16安打11得点の猛攻で勝利となった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。点がたくさん入って勝てると気持ちがいいね。」
(朝倉は7回途中4失点)
「結果的には4失点だったけど、内容的には自分の強みを出せたいい投球だったと思います。特に右打者に効果的なピッチングをしていたね。」
(夢子の代役に直江太結)
「彼女も夢子に負けず劣らずの守備力がある。今日は幸先の良いスタートが切れたんじゃないかな?オールスターまではメインのショートとして使ってみて、夢子とどちらが良いか判断しようと思います。」
「結果内容ともにいい試合でした。こんな試合をたくさんやっていきたいね。」

8回、パチュリー炎上 勝利を逃す

浜宮オイスターズ 4-7 天神マキノウドーンズ 18:00 東京ドーム
天| 011 000 140 | 7
浜| 000 211 000 | 4
勝:豊姫
敗:パチェ3勝2敗
S:サリエル 1勝1敗21S
継投:幽香6.1-H里乃0.2.0-Lパチェ1.0-カナ1.0

スタメン
8文
7フラン
3雷鼓
2純狐
Dお空
5妹紅
9妖夢
4石川
6夢子
P幽香

・トピックス
投手以外は前戦と同じオーダー。赤蛮奇負傷で急遽幽香が先発。

予告先発は今シーズンここまで負けなしの赤蛮奇だったものの負傷により急遽幽香が先発となったこのゲーム。2回にいきなりホームランで先制を許すと3回にも1点失う滑り出しとなった。
天神先発・豊姫の荒れ球に対して3回までノーヒットだったが4回裏、妹紅二塁打の後妖夢の今シーズン第2号2ランで追いつくと5回に純狐、6回には文のタイムリーで4-2と試合をひっくり返す。
緊急先発の幽香は6回1/3を投げ3失点と好投を見せると7回は里乃が抑えて8回。となるはずだったが3番手のパチュリーが誤算。制球が定まらず4失点で万事休す。
一度は逆転したもののひっくり返され、悔しい敗戦となった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。まぁ、こんな日もあるでしょう。」
(幽香が緊急先発)
「こういきなりな事態となったが、結果を残してくれた。勝ち星をつけられずに残念。」
(パチュリーが誤算だったか)
「結果的にはね。1年は長いし、こんな日もあるよ。」
(夢子が死球で負傷)
「1回2軍に落とします。このところバットも振れていなかったし、治療を兼ねてもう1回調整してきてほしい。」
「今日は終盤にやられたけど、明日は逆に相手の勝ち継投を打ち崩す。そんな気概で戦って行きます。」

ルナサ好リリーフ光り1点差を勝利

浜宮オイスターズ 3-2 湘南34ers 18:00 楽天生命パーク宮城
浜| 001 020 000 | 3
湘| 200 000 000 | 2
勝:マイ 3勝2敗 
敗:戎
S:サリエル 1勝1敗21S
継投:Wマイ5.0-Hルナサ2.0-H里乃1.0-Sサリエル1.0

スタメン
8文
7フラン
3雷鼓
2純狐
Dお空
5妹紅
9妖夢
4石川
6夢子
Pマイ

・トピックス
前回登板は5回8失点KOのマイ、リベンジなるか

雨天中止等の影響でここまで連戦が続いていたオイスターズ。今日がその11連戦の締日となる。 
先発のマイは初回にいきなり2ランを被弾したもののそこから立ち直り5回2失点で降板。リリーフに後を託す事になる。
2番手のルナサが2回を投げ1安打ピッチで抑えるとそこから里乃-サリエルと繋いでゲームセット。
連戦最終日を勝利で飾り、5勝6敗で終えることとなった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。やっと休めるね。長い連戦でした。」
(マイが5回2失点)
「前回打ち込まれて、今日もいきなり2ランとなったけどそこからよく立ち直ってくれた。次の登板も期待したい。」
(得点した3回5回共に下位打線からの攻撃)
「下位打線からでもチャンスが作れたのは良いこと。切れ目のない攻撃ができるといいね。」
(ルナサが2回無失点)
「こっちの事情と相手打線の事を考慮して2番手として起用した。回跨ぎになったけどよく抑えてくれた。大きい仕事だったね。」
「連戦最後を連勝で終われました。明日休んで、来週以降も頑張っていきます。」

↑このページのトップヘ