納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

アクシデント連発の末サヨナラ負け

浜宮オイスターズ 5-7x フラワー・ユニオン 18:20 ズムスタ
浜| 000 023 000 0| 5
フ| 300 000 002 2x| 7x
勝:神綺
敗:ルナチャ 1敗
継投 魅魔8.0-サリエル2.0-Lルナチャ0.1

スタメン
8レミリア
7八雲藍
3純狐
5星
4椛
9明羅
2里香
D芳香
6幻月
P魅魔

・トピックス
石川が負傷離脱で全試合出場が途絶える

さてCS予選初勝利も石川が離脱というアクシデントが襲ったオイスターズ。そのショックが伝播したか初回に魅魔が3失点。
このまま敗戦かと思われたものの椛が3打点を挙げる活躍などで9回、2点リードでサリエルに繋げる。しかし今日のサリエルは疲れのせいかキレが見られずアキレス腱ともいえる左右の相性で夢子に同点打を許しセーブ失敗となってしまう。
結局10回裏、3番手ルナチャが1死1塁とし相手の寅丸にサヨナラ弾を被弾しジ・エンド。CS予選に入り1勝3敗と今までの勢いが見られなくなってしまった。

今日の寅丸さん
内飛 中安 中安 三振 敬遠 .268 20 68
寅丸さんへのひとこと「まさかの2試合連続敬遠にマルチ安打。ここから打棒が振るわれるか。」

試合後コメント
「お疲れ様でした。いやね、本当に残念な事になってしまった。」
(石川が戦線離脱)
「今月ね、9番で打ちまくっていた。ここまで多分(8月は)全試合で出塁していた。やっと調子が出てきたさなかのこれは痛いね。痛い。」
(結局サヨナラ負け)
「弔い合戦として勝ちたかったし、もうすぐって所まで持っていけたんだけどね・・・」
「こうなってね、良くないスタートにCS予選始まってしまった。石川もおらんし、一部メンツを弄って行こうと思います。」

というわけでタイトル通り、アニメ「おおきく振りかぶって」の1期2期がニコニコで12日の15時まで無料で配信されています。



今日(6日)の時点で2期の5話まで配信されており、6-9話が8日15時、10-最終話が10日15時に配信される予定です。
この作品がアニメになったのは07年と10年というわけで10周年記念での配信だそうです。
そういやこの頃だと大正野球娘もアニメ化された野球ものの作品でしたね。
また何か野球ものの作品が流行るといいですね。
それでは。

さて、10月に入りペナントも残り数試合を残すのみ。10月となり各チームで戦力外通告の知らせが出てくるようになりました。
さて横浜でも戦力外通告が告げられました。
TBS末期からDeNA初期の暗黒期を支えた面々やFAでわざわざ打者天国ハマスタホームのチームにやって来た傭兵投手に無駄飯食いのドラフト1位が首を切られました。
彼らには色々な思い出があり(無い奴もいる)寂しさもありますが引退にしろ他球団でのプレーを模索するにしてもこれからの人生を頑張ってほしいものです。
さて、去る人があれば来る人もあります。来る人の象徴ともいえる新人選手を獲得するドラフトは今月終わりに待ってます。
果たしてどんな選手が新しくプロの門を叩くのか楽しみなばかりです。
まだいくつか公式戦もありポストシーズンもありますがお楽しみのストーブリーグはこれからですね。それでは。

7fc12de5f101cf5432aceddfc218ec7d

さて今回は最近よく話題にしているWPAについて。今回は1試合で各々が産出したWPAについて調査してみました。 
各々の打席結果から出たWPAを合計し、1試合で誰がどのくらい勝利に貢献したかを可視化してみました。今回は直近の試合、113試合目を例に個々のWPAの合計を出しました。
まずこの試合の個々の打席結果の表を以下に掲示します。

打席結果
zwpa_1

以上が当該試合での個々の打席結果でした。
そして以下の表は打席結果での勝利期待値の増減を表した表です。

勝利期待値の増減
zwpa_2

以上が勝利期待値の増減でした。原則出塁すると増え、アウトになると減少しています。ですがアウトになっても期待値が増えているケースがあります。これは実際の試合結果から出されたデータを用いているため、理論上のデータとは隔たりが出てしまっている最たる例かと思われます。
そして以下に掲示する表は各々の試合で出したWPAを合計し、降順に並べた表です。

zwpa_3

この表の結果、この試合で最も勝利に貢献した打者は藍になります。6の5で1HR4打点と大いに打ちまくったのがこの結果に繋がっています。次点にいるのはレミリア。先制打となるプレイボールホームランにはじまりあわやサイクル安打の活躍を見せました。

ウィキペディアにある評価基準に照らし合わせて評価するには1/100する必要がありますがこちらの方が見やすいかと思ったのでこう表記しています。

こうしてWPAを試合ごとにまとめると各試合で活躍した選手を数値化でき、これを1年まとめれば最も勝利に貢献した選手を評価できるのでしょうが労力が半端ないのでまとめることはないかと思います。
それでは。

両軍2桁得点の大乱打戦を制し連敗ストップ

浜宮オイスターズ 12-10 霧島ハルバーズ 18:00 明治神宮球場
浜| 250 201 200 | 12 
霧| 105 110 020 | 10
勝:針妙丸 8勝4敗 
敗:赤蛮奇
S:サリエル 1勝5敗8S
継投 W針妙丸5.0-H一輪1.0-エリー1.0-こころ1.0-Sサリエル1.0

スタメン
8レミリア
3純狐
7八雲藍
5星
4椛
9明羅
2里香
1針妙丸
6石川

・トピックス
明羅が4ヶ月ぶりの1軍登録。早速6番ライトでスタメン。

昨日は完封負けで8月に入り初の連敗となったオイスターズ。今日は先発陣トップの7勝をあげている勝ち頭の針妙丸をマウンドに上げ連敗ストップを図る。
昨日完封負けの鬱憤を晴らさねばと1回表、1番槍としてレミリアがここ2試合無安打のトンネルを打ち破るプレイボールホームランで先手を取ると2回には2死から5連打で5得点と2回で早くも7得点と勝利にグッと近づく猛攻を見せる。
しかし今日は先発針妙丸がピリッとしない。3回には5失点を許すなど無理矢理5回を投げさせ8失点の大乱調。だが針妙丸が5回で、霧島の赤蛮奇が2回で降板してからは比較的試合は落ち着きをみせる。最後は8/21以来の登板となったクローザー・サリエルが霧島打線を三者凡退に締めゲームセット。22安打12得点の猛攻で連敗ストップを決めた。
なお今日の試合では投手の針妙丸を含み先発全員安打を達成。レミリアは後単打さえ出ればサイクル安打達成となったのだがその単打が出ず夢は幻で終わってしまった。

今日の寅丸さん
中飛 右本2 右飛 左安 敬遠 内飛 .266 20 68
寅丸さんへのひとこと「目標としていた20HRに到達。敬遠をされるとはまるで4番みたいですね。。」

試合後コメント
「お疲れ様でした。いやぁ、打ちに打ったねぇ。」
(明羅を1軍に)
「打線に厚みをもたらしたくて上げました。しかも守りもいいからね。これからの戦いで力になってくれるでしょう。」
(レミリアがあわやサイクル安打)
「6回打席も回って、打ちまくって、大チャンスだったね。でも中々出るものではないね。」
(先発全員安打)
「全部で20安打超えたんじゃない?(22安打)おぉー、やっぱり。みんなして打ったね。満遍なく打った結果が12点かな?」
「こうしてめでたく連敗が止まりました。CS予選突破目指して、勝ち進みたいね。」

↑このページのトップヘ