納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

例によって?明日行われるコスト改訂のお知らせ記事です。
明日土曜夜10時頃を目安にコスト改訂の会議がirc上にて開催されます。既存選手ならびに新規加入選手のコストも今回制定されます。

そして私信になりますがもしかすると夜10時の開始には間に合わないかもしれません。さすがに帰宅はしているハズですが帰宅している事とircに入れている事はイコールにはならないので…
以上私信でした。それでは。

さて、昨日に続いて今冬の新加入選手を勝手に紹介してみる。早速残る4人について紹介したい。


・矢田寺成美 右投右打 投手
投げるボールにはキレがあり、球威もある。制球も悪くない。しかし球質が軽く飛翔癖がある。特にランナーがいないと集中力に欠ける?のか被弾の可能性が増す。

・‎爾子田‎里乃 左投左打 投手
今回の目玉選手の一角。(←3人へのコピペ) リリーフ投手として高い奪三振能力を誇る。クレイジーバックダンサーズとして舞と共に5面でコンビだったためか?こちらもコンビでお馴染み九十九姉妹をダイジョーブ博士に預けたような感じがした()

・丁礼田舞 右投右打 投手
今回の目玉選手の一角。(←3人へのコピペ) リリーフ投手として高い奪三振能力を誇る。クレイジーバックダンサーズとして里乃と共に5面でコンビだったためか?こちらもコンビでお馴染み九十九姉妹をダイジョーブ博士に預けたような感じがした()

・摩多羅隠岐奈 左投左打 投手
今回の目玉選手の一角。(←3人へのコピペ) ダンサーズのようにリリーフとして奪三振能力を誇る。制球力も幻想郷で一、二を争う良さであり、特に走者がいる際にはギアチェンジしてくるため制球面では隙が無い。クローザーとして酷使にも耐えうる頑丈さもあるが9回からしか投げられないというのと、土用の時期に弱く被弾癖がある不安要素もあるがその能力に疑いはない。

以上が今回のアプデで新加入する選手達であった。バックダンサーズに隠岐奈と今回の新戦力はリリーフ投手に好選手が多く集まった。JFKから始まる勝ち継投の地位向上や今年セーブ記録を更新したサファテの活躍が幻想郷にも反映されたのだろうか?
彼女達は土曜にコストが制定されそれ以降参戦する。どんな活躍を見せてくれるのか楽しみである。

さて、今週土曜のコスト改定にて7人の新加入選手し、1人が正式に選手登録される。他にも一部選手にはアプデでバイオリズムが採用される。
今回は新加入で入る選手たちを勝手に紹介してみたい。あくまで1個人の勝手な私見である。堪忍してつかぁさい。

・エタニティラルバ 右投右打 外野手
外野守備に長けており、強肩である。夏場に強くまさかの一発が期待できるかもしれない。

・坂田ネムノ 左投左打 投手
何が何でも一発は許さないタイプ。結構制球もいい。ただ決め球には欠けるので投球結果は相手打線の出来に依存するところがあるかもしれない。

・高麗野あうん 右投右打 内野手
広い守備範囲と堅実さを兼ね備えた二塁守備は間違いなく幻想郷NO1。守備走塁と小技にも見所がある。

・ユウゲンマガン 右投両打 外野手
今センバツより参戦した至宝がついに正式加入。無刀流打法で四球をもぎ取る打撃スタイルだ。

今回は以上4選手を紹介した。次回は成美~隠岐奈の4選手を紹介したい。それでは。

さて12月です。今年も残りは1ヶ月を切りました。
もうすぐ1年が終わるとあって、例えばスポーツ雑誌などでも1年間のまとめやふりかえり、来年の展望を特集としている所がよくあります。
そして話が変わりますがシーズンの残り試合数は17となりました。12月は色々とありますし恐らく年内のシーズン完結は難しいものだと思われますがなるだけ早く、できれば1月の間には終わらせたいものです。
1シーズン144試合を完結させるのはこのチームが初になります。(そもそも今ので2つ目なんですが)
1年終わらせたら1年のまとめ系の記事を書いていきたいものです。それでは。

古明地さとり。今季はここまで先発で4試合に登板している。このさとりに、現在奇妙な事態が発生しているのだ。
9月2日に1軍登録をされたさとり。当日の試合に先発する予定だったのだが雨天中止になる。翌日はローテの勝ち頭、針妙丸の登板日だったため4日の試合に改めて先発する予定となった。
そして迎えた4日。例によって雨天中止。この日の翌日も好投の続いている永琳の登板日だったため後日に登板日はスライドする事が決まった。(なお永琳が投げる予定だった翌日も雨天中止となり、6日に永琳が登板と結局なった。)
1軍登録から1週間後の9日。さとりはCS決勝ラウンド1回戦のマウンドに立つべくナゴヤドームに向かった。ここはさすがにドーム球場なので中止もへったくれもなく無事登板。なお相手打線の一発攻勢にあい敗戦投手となったのは別の話。
さてCS敗退後も試合は続く。さとりは9連戦も終盤の16日に登板予定と相成った。
その前日、15日の試合が雨天中止となった。さてこうなってくるとさとりはまた割りを食うハメになる。15日が登板予定だった永琳がスライドで16日に投げる事になったためまたも登板機会が流れてしまった。
9月の僅か2週間の間に雨天中止に2度遭遇し、登板機会が3回スルーされてしまったさとり。変な方向性でアンラッキーさを出しているが果たして報われる日は来るのだろうか?

↑このページのトップヘ