納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

全得点が本塁打による得点となったこの試合、相手を打ちあぐね敗戦。
fimages-0004
(↑以前霊夢を三浦大輔投手みたいだと評したが、何も一発を被弾するとこまで再現しなくてもいいのだ。)

公式戦68試合目 7.1 京セラドーム大阪 18:00 レイブン・レッドスターズ2-3フラワー・ユニオン 勝:阿求 敗:霊夢4勝7敗 
フ|000 210 000 |3
レ|000 100 001 |2
オーダー
1中文
2遊ナズ
3右小町
4左フラン
5指夢美
6一ドレミー
7三星
8捕響子
9二鈴仙
継投:敗霊夢7.0-カナ1.2-エリス0.1

7月最初の試合となったこの試合は、フラワー・ユニオンとの初対戦となった。試合は4回表に動く。燐が先発・霊夢のベストピッチに何とか食らいつき内野安打とすると、続く星がライトに技ありの2ランHRを放ち先制を許す。こちらもすかさず夢美の3号ソロで1点差とするが5回表に相手のドレミーにこの日投げたわずかな失投をHRとされまたも2点差にされる。9回には夢美が今日2本目のソロで1点差に迫るが他の打者がサッパリで敗戦。7月は黒星スタートとなった。

試合後コメント
「うーむ、中々に重い展開となったなぁ。両軍の投手共にいい投球をして、その中のわずかなスキをついてHRで得点。上手くいかなかったなぁ。」
(先発・霊夢について)「今日も前の登板に劣らぬいい投球だった。あれで3失点は相手を褒めるべきかな。」
(一方の打線は)「相手のボールにキリキリ舞いだったな。こういった重い展開ならこちらベンチとしても何かしら仕掛けるべきだった。」
「今日はカナが中々の結果を残してくれたね。彼女の投球スタイルは常にそれなり、そこそこの質の投球をすること。相手がそのクオリティーの上を行くとボコボコにされるけどそうでないならば彼女は継投のいい選択肢になるよ。」「教授(夢美)も上々だったね。彼女のポテンシャルならあの位は想定内。これからエンジンつけていい成績を残していただきたい。」
「今日は重い試合展開だったけどまだ仕掛ける余地があった。こういった試合で上手い指揮が出来れば今後勝率も上がっていく。それが今後の改善点ですね。今日はここまでっ。お疲れさ~ん」

前回のあらすじ
野手のドラ1は文を外してフランを獲りました。ベイスターズ結成なるか!?

さぁ2位指名だ。ここでの指名にははたてをチョイス。俊足で外野守備が上手く長打力もある。そして初球をあっさり打ち上げ盗塁が下手なあたり金城や荒波、梶谷になれる逸材だ。文の指名こそ失敗しスーパーカートリオは編成できないがそれでも指名である。
そしてこの2位指名、どの監督も別々の選手を指名し重複はなくはたての単独指名に成功したちなみにこの2順目で椛も指名された。もし文を引き当ててもどっちみちスーパーカートリオは結成不可能だった模様。

続く3位指名では小傘を指名することに。本来はこの3位で妹紅を指名しその一塁守備力から仮想ロペスとして起用する予定だったが2位で指名されてしまったためこの小傘を抜擢。右打ちで高い長打力から仮想トニ・ブランコである。ブラン小傘である。
この3位指名は依姫に3監督の、そして小傘に2監督の指名が重複し抽選に。
さぁ抽選の結果は……

当たりッ!当たりッ!
(そう何回も同じ演出は使わないゾ~)

こうして小傘の指名に成功し抽選は2勝2敗のタイに。このまま首尾よく予定していた選手を指名することは出来るのか?
まだまだドラフトは3位指名が終わっただけ。ここからドラフトは激しさを増すことになる…のか?

―続く

前回簡単に主要選手の成績をまとめてみましたが、その際に今の成績を144試合換算もしてみたのでそれを今回のテーマとさせていただきたいと思います。あくまで現時点での様々な成績に単純に掛け算をしただけな数字遊びですのでご了承下さい。それではどうぞ。

野手
999Debattingseason
野手陣の成績から行ってみます。あくまで現時点での成績に掛け算しただけなので最近出番が増えていたとしても試合数や打席が少ないならそういった結果が出ますしその逆もあります。
衣玖よりキスメが多くHRを打っている計算になるのが前評判から考えると予想外な結果ですね。それとフランは45本塁打打つ計算に。以前の計算よりペース低下の感があります。(以前の記事でフランに478打席与えて49HRの結果が出た。)
20151008045740e0a
参考?までに2015年のDeNA打線を。(http://ranzankeikoku.blog.fc2.com/blog-entry-2143.html様より)
ポジション的要素もあってか3-6番が何か似ている感じがします。この4人を打撃で比較するなら、
小町>梶谷 フラン>=筒香 妹紅<ロペス 衣玖<バルディリス といった感じですね。(妹紅>=バルって感じかな)
後のレギュラー陣はポジションや打順で比較するなら概ね勝っていると見ていいでしょう。

投手
999DePittingseason
続いて投手。(訂正:カナの防御率は7.04)
やっぱりリリーフが壊滅的である(汗)。もっとも防御率を掛け算するわけにもいかないのでそれは据え置きにしている結果ですが。それとメディが0勝なのも現時点で0勝だからです。(シーズン中に1つくらいは勝ってつかぁさい)
そして9勝カルテットがこっそり結成されている。パルスィはともかく3本柱の成績から漂う暗黒エース臭。誰かしらが2桁勝利を達成してほしいものです。

ここで挙げたのはあくまで6月終了時の成績に掛け算をしただけのもの。ぜひシーズン終了時にはこの計算を超える成績を残してほしいものです。
それでは今回はここまで。以上で~す。

6月を終えて25勝40敗2分の借金15と苦しい戦いが続いている。毎月借金が5増えるという新人監督には苦しいチーム状態の中、今回は親会社に監督を新しくした2012年の横浜DeNAベイスターズと様々な成績を比較してみた。
ffe470f8
denikiwww_dotup_org2769185
(2012年はあのデニーコーチもいたゾ)

6月終了時の成績
レ軍:25勝40敗2分 勝率.385
De:21勝39敗5分 勝率.350

月別成績
3・4月 レ:10勝15敗1分勝率.400 De:6勝16敗1分勝率.273 
5月 レ:9勝14敗1分勝率.391 De:8勝10敗4分勝率.444
6月 レ:6勝11敗0分勝率.353 De:7勝13敗0分勝率.350

投手成績
(先発リリーフ共に登板回数上位6人を選出)
999DePitting
(訂正:カナの防御率は7.04)
こうして投手成績を見るとDeNAの投手が非常に良く見えるがこの年は2012年であの加藤球こと低反発球が使われておりどの球団も投手成績が良く、DeNAのチーム防御率はリーグ最下位であったことを述べておこう。それにしてもレ軍のリリーフ陣は壊滅的である。今後試合を勝ち抜くには安定したリリーフ投手は必要不可欠だ。

野手成績
(基本的にポジションごとに打席数の多い選手をメンバーに選出。)
999Debatting
やはり加藤球低反発球というべきか、DeNAの選手は本塁打が少ない。6月終了時のフランに最多HR数で負けている辺りにはっきりと窺える。OPSで見ても大きく差があるものだ。(DeNAはOPS0.7以上が2人に対してレ軍はOPS0.7未満が3人である。)

こうして見てみたがと2012年は低反発球の影響か非常に投高打低の傾向が見れた。それとレ軍のリリーフ陣が非常によろしくない事実も見てとれた。ちなみに2012年のDeNAの最終成績は

46勝85敗13分 勝率.351

であった。この成績はなんとかして超えたいものである。
それでは、今回の記事はここで終わりとさせていただく。

前回までのあらすじ
投手の指名が終わったよ。

前回からやや時間が経ってしまいましたが今回から野手編です。それではどうぞ。

badferd監督はすでに各所で射命丸文の1位指名を公言している。その他にもこの文の指名を公言している監督がいるので抽選は避けられない。果たして文をチームに迎え入れることが出来るのかが大きな問題だ。
各監督の1位指名が発表された。文は3チーム競合である。2人の監督は公表していたがさらにもう1人入札に入った形になる。さぁ、抽選である。3分の1の確率から引き当てられるのか…?
……
20151022-OHT1I50092-T
ガッツポーズ!しかしくじに記されていた文字は…!?
1142083i


は ず れ !


と、言うわけで文の抽選を外してしまった。この時点で元々予定していた天狗スーパーカートリオを組むことは不可能に。外してしまったものは仕方ないので編成プランBのベイスターズ再現チームを作ることに。ここで外れ1位に指名したのはフラン。ハマの和製大砲・筒香に見立てての指名である。
しかーし!またも重複。1位指名2回目の抽選である。さぁ、結果は!?
20151022-OHT1I50092-T
ガッツポーズ!見事フランの獲得に成功である! (くじは白紙とか言わない)

こうして1位ではフランを獲得した。その他の1位指名選手は、神子やレミリア、夢美に勇儀雷鼓と実力者揃いのドラフト1位となった。果たして仮想ベイスターズを結成できるのか?ドラフトはまだまだ続くのであった。

―パート5へ続く

↑このページのトップヘ