納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

昨日の試合を10得点の快勝で制し5月は終わった。しかし、月間成績は9勝14敗1分でさらに借金が5増えてしまった。この借金を返すためにも6月以降勝ち続けないといけない。そこで今後の展望などを考えてみた。

打撃
このチームのウィークポイントといえば打撃であることは良く知られたことだが、明るい材料がある。まず交流戦に入ってから2桁得点の試合がすでに2試合あり、交流戦9試合の平均得点は4.7。今までの50試合での平均が3.3のため、大幅に上がっている。チームの打撃の柱といえばフランだがこの打線の活躍はフラン1人で成し遂げられたものではない。
この間の打線のキーとなっていた選手が2人。キスメと妹紅だ。
これはここ10試合のデータだがまずフランが打率.341 4HR 打点8 OPS1.015 これも好成績であるがキスメと妹紅も負けていない。キスメが打率.333 3HR 8打点でOPS1.063 そして真打は妹紅だ。打率が.417に5HR6打点 OPSは1.325ここ10試合ではフラン以上によく打っている。いくらフランがよく打っているといっても1人では限界がある。この2人やさらに他の打者の結果が向上すればさらに打線は上り調子になり、今まで好投を援護できていなかった先発陣を勝たせることができるだろう。
今後もフランに次ぐ、いや追い越せる勢いを持った打者の登場に期待したい。

投手
続いては投手陣。交流戦9試合の平均失点は4.4 今までの50試合の平均失点が4.2のため、やや成績が悪くなっているといえる。ただこの中には12失点の大炎上と当時クローザーだったアリスの炎上もあり8失点いうのがあり、先発は基本的にゲームを作れているのは前と変わらない。そうなれば鍵はリリーフ。まずクローザーだが以前の記事で書いたように「クローザー」としてならリリカは優秀なためリリカが最有力。(リリカに関しての記事http://badferd-bigbaseball-etc.doorblog.jp/archives/42909929.html)
9回以外の重要なシーンでは村紗が多く登板しそうだ。先発は現在5人。これは交流戦で日程に余裕があるからであり、残り15試合の交流戦が終了したら後1人の先発が必要になる。開幕時には魔理沙がいたし、成績も悪くは無いが支払っているコストに見合うかというとやや?がつくので他の選手が有力だ。怪我のため2軍落ちしたメディスンやリリーフで不本意な結果になった小鈴、その他まだ1軍登板のない選手という選択肢もある。6人目のローテ投手にも注目だ。

やはり今活躍している選手がいても借金は10である。これからの勝利のためにはそれ以外の新たな選手の奮起が待たれる。

それでは、また他の記事で

HR3本 10得点の猛攻で5月最後を勝利で飾る!

公式戦50試合目 5.31 幻想郷スタジアム 18:00 レイブン・レッドスターズ10-2湯浜DeWAベイハンーズ 勝屠自古2勝1敗 敗:サリエル
ベ|100 020 010  |2 
レ|010 061 20x  |10
オーダー
1中文
2二鈴仙
3指夢美
4左フラン
5一妹紅
6三慧音
7捕キスメ
8遊雛
9右小町
継投:勝屠自古8.0-小悪魔1.0

ついに5月もラストゲームに。終わりよければ全てよしとも言うので勝ちが欲しいこの試合の先発は屠自古。初回からHRで先制を許すが2回にキスメの3号ソロで追いつく。その後も得点圏にこそランナーを送るが点が入らない展開になるが5回、2死から連打の後フランのタイムリーツーベースで勝ち越し。そして妹紅敬遠に慧音のタイムリー内野安打で続くとキスメが今日2本目となる第4号満塁ホームランで追加点!その後も夢美に待望の1号ソロが出れば雛・小町の連続タイムリーも飛び出し10得点で打線が爆発すれば先発屠自古は8回2失点の好投で投打がばっちりかみ合い10-2の大差で勝利!5月のラストゲームを大勝で飾った。

試合後コメント
「やりましたっ!終わりよければ全てよしっ!」「今日の試合は勝利に向かって投打がかみ合っていた。俺は何もする必要がなかったね。今日みたいな攻撃を毎日はさすがにアレかもしれないけどこう皆で点を取る野球を続けたい。」
(キスメ選手が2HR5打点の大活躍)「いやぁ凄い。恐れ入った。なーんで俺は最初っから正捕手で使わなかったのやら。」
(最近はフラン以外で点を取ることが多いが)「点の取り方が増えるのはいいこと。非常に結構だよ。さらにフランで点が取れるようになれば2つが備わり最強に見える。」
(5月は9勝14敗1分)「せっかくいい気持ちだったのにそんなこと聞くのかい(笑い)結局借金は増えていく一方だけどだから諦めたりするわけにはいかない。ペナントの最後まで戦わないといけない。そのためにも今日みたいに投打で共に勝利に向かっていく野球をしないといけない。投打そしてベンチの三位一体で勝利に進まないといけない。」
「これで明日からは6月。まずは1ヶ月で借金が5増える現状をなんとかしないとね。1月五分五分で行けたなら大前進。」
「やっと教授にも一発がでたしいい形で5月が終われた。この勢いで6月を走りたいね。んじゃ、ナイスゲームでしたッ!」


8d212ea6
さて、康晃ジャンプの中始まった今回の記事は元・クローザー、リリカに対する記事です。ここ最近不安定な投球が続きクローザー降格となってしまいましたが本当にそうなのかというわけでここまでの15登板を振り返ってみました!それではどうぞ!

1試合目 3.28 1戦目 対WBC
1回 無失点 三者凡退 セーブ

2試合目 3.30 3戦目 対WBC
1回 無失点 三者凡退 セーブ

3試合目 4.3 6戦目 対天地人
1回 無失点 三者凡退 セーブ

4試合目 4.5 8戦目 対妖星
1.2回 無失点 パーフェクト セーブ
8回1死2塁から登板 打者5人パーフェクトに抑えた。
しかしこの試合の勝利を最後にチームは10連敗に突入 クローザー・リリカの登板機会はぱったりとなくなる

5試合目 4.27 24戦目 対WBC
1回 1失点 被安打3 セーブ
10連敗などもあり約3週間出番なしで迎えたこの試合 9回まで6-1でリードしていたがリリーフが打ち込まれ6-3 無死1塁で緊急登板 大きく間隔が空いたことや緊急登板があってか、今季初被安打・初失点となってしまった

6試合目 4.30 26試合目 対WBC
1回 無失点 被安打1 セーブ
この日も前の投手が打たれ6-2 無死13塁から登板 先頭にヒットを打たれ失点もその後は抑えセーブ成功

7試合目 5.1 27試合目 対ポンジュース
1回 無失点 三者凡退 セーブ
ここから5月に入る

8試合目 5.4 29試合目 対天地人
2回 4失点 被安打4 敗戦投手
この試合は同点の9回から登板 最初2回はエラー1つに抑えたが3イニング目に疲れが出たか打ち込まれ敗戦投手に 連続セーブは7でストップ

9試合目 5.7 32試合目 対妖星
2回 1失点 被安打1四球1 敗戦投手
この試合も同点の10回から登板 2イニング目に四球でランナーを出すと相手の機動力にやられ被安打は1本だが敗戦投手に

10試合目 5.11 35試合目 対天地人
1.1回 1失点(自責点0) 被安打2 勝利投手
8回に2点リードながら2死満塁のピンチで登板 早速暴投をしてしまい1点差にされるがそこからは抑え9回2死までこぎつける しかしこのあと一人の場面で味方守備のエラーで出塁を許すとそこから連打を打たれ同点にされる その裏の攻撃で味方がサヨナラ打を打ち結局勝利投手に

11試合目 5.13 36試合目 対WBC
1回 無失点 被安打2 セーブ
先頭にヒットを許すがそこから2死に しかしヒット・エラーが出て2死満塁になるがなんとか抑えセーブ成功

12試合目 5.15 38試合目 対WBC
2回 無失点 被安打3 ホールド
同点の10回から登板 2イニング目には相手がスクイズを仕掛けるが何とかアウトに 結局試合は引き分けに終わり今回はホールドがついた

13試合目 5.17 40試合目 対WBC
0回 無失点 被安打1
9回裏、1点リードながら1死23塁のピンチで登板 しかし先頭に走者一掃のサヨナラタイムリーを打たれ試合終了 一応セーブ失敗や失点はリリカにつかない模様

14試合目 5.20 42試合目 対茨城
1回 1失点 被安打1
アリスを1軍に上げクローザーから降格させることにした そしてこの試合はビハインドの場面で登板 しかし失投を神奈子にホームランにされてしまう

15試合目 5.24 45試合目 対天地人
2.1回 1失点 被安打3 敗戦投手
同点の8回から登板 2イニングはややふらつきながらも抑えるが3イニング目、先頭こそ抑えるが2者連続ヒットを打たれ敗戦投手に

成績
15試合 1勝3敗8S1H 防御率3.72 19.1イニング 8失点 WHIP1.14 セーブ成功率80%(10-8)

月間成績
3・4月
6試合 6S 防御率1.35 6.2回 1失点 WHIP0.6
5月
9試合 1勝3敗2S1H 防御率4.97 12.2回 7失点 WHIP1.42

防御率グラフ
ririka


こうしてみると、まず印象よりは抑えています。特に最初の4登板はパーフェクトに抑えるなど正に守護神に相応しい投球です。ちなみにリリカにヤスアキと呼び始めたのは現状4試合目となっています。
5月には中々本来のパフォーマンスを見せられていません。セーブ失敗の2回は5月に記録されています。しかし2死から味方のエラーで1つ、1点差2死23塁で緊急登板で先頭にサヨナラ打をあびるとリリカを責めるにはいささか酷です。
クローザーとして、最終回に登板して3アウトを取ることなら非常に良い結果が出ています。しかし、回跨ぎやピンチでの緊急登板では結果が残せていません。
クローザーから降格こそさせましたが、本来のクローザー的起用法なら高いパフォーマンスを見せてくれます。9回リード時の起用法ならばいい結果が出るでしょう。そのシーンなら、出番が増えそうです。
目指せ!山崎康晃!
8d212ea6

bbl1505081140002-n1______

それでは今回はこの辺りで (*^○^*)ヤ・ス・ア・キ!

まだ公式戦は5月の終わりだというのにチームの借金は11。そんな危機的状況を打破するためには選手の奮起が必要不可欠。と、いうわけでただいまチームでは戦力を募集しております!
02405e01c379da04752569ae59a79437
ん?サリエルや霊夢はこんな顔じゃない? 一理ある。
(AAの改変が面倒だからじゃあない 技術やサリエルのちょうどいいAAがないからだ)
先発が好投しても援護無く負けてしまう試合が多いのが現状。打力のある選手大募集です!
まだまだ求人はありますぜ
d1f5fb70169a3fc071be429ed54f0046
(今度はちゃんとAA改変したで  こんなことせずに勝つための方法でも考えろ )
滅多に勝てないからこそ、勝ってる場面で出る投手は非常に重要。
野手にリリーフ、腕に自信のある方はぜひご連絡を!

それじゃ!

初回の3失点が全て 借金は今シーズンワーストの11に

公式戦49試合目 5.30 西武ドーム 18:00 レイブン・レッドスターズ2-3妖星サテライツ 勝:永淋 敗:霊夢3勝4敗 S:リリカ
レ|000 020 000  |2 
妖|300 000 00x  |3
オーダー
1中文
2遊雛
3右小町
4指フラン
5一妹紅
6三衣玖
7捕キスメ
8二夢美
9左ぬえ
継投:敗霊夢7.0-穣子0.1-エリス0.1-村紗0.1

昨日の試合をクローザーアリスの炎上で落としてしまい迎えたこのゲーム。対戦成績が3勝1敗、特に霊夢は2勝と勝利に期待がかかるゲームであったが初回から霊夢が3失点と出鼻をくじかれる。打線も相手先発永淋に好機を作れずにいたが5回、文の2点タイムリーで1点差に差を縮める。しかしここから後1点が遠く敗戦。
これでチームの借金は最多の11になってしまった。

試合後コメント
「お疲れさん。ついに(借金)11までなっちまった。」「何とか2点こそ返せたけど1点が遠かった。」
(先発・霊夢投手について)「初回がまずかったね。完全に出鼻をくじかれた。そこから立て直したのはプラス要素なんだけどね。」
(借金は最多の11に)「3点ビハインドで回が進むにつれてチームに良くないムードが漂っていた。2点を返してからはいい感じだったんだけどね…」「こう、あれよ。肝心な、打たれちゃいけない場面で打たれるし、逆にこっちはそこで打てない。上手く回らない。」
(明日で5月も終了)「こうチーム状況はまったくですが1試合1試合戦うしかありません。こうも勝てないなら常識にとらわれちゃあいけないのかね。」「まぁ、皆フランとサリエルを見においで。楽しいよ。」「ただ最近はHR以外で点が入るといえば入る。それをもっとグレードアップしたい。」
「1つ勝って2つ負けるペースが最近。だから変な話動かしづらいんだけど、このままならジリ貧だからそれこそ大胆に行ってきます。それじゃ。」

↑このページのトップヘ