納税は国民の義務です

東方BIG野球のプレー記録、その他諸々な感じです。

打ち合いのシーソーゲームを制する

浜宮オイスターズ 8-5 霧島ハルバーズ 14:00 平塚球場
霧| 100 004 000 | 5
浜| 000 304 01x | 8
勝:カナ 1勝 
敗:朝倉
S:サリエル 2S
継投 赤蛮奇5.0-Wカナ1.0-Hこころ1.0-H霊夢1.0-Sサリエル1.0

スタメン
7藍
8文
3雷鼓
2純狐
5妹紅
9妖夢
6夢子
1赤蛮奇
4石川

・トピックス
夢子、開幕3試合無安打スタート。快音は出るのか?

久方ぶりの試合となったオイスターズ。先発赤蛮奇は初回にいきなり失点こそしたもののその後は安定した投球を見せる。
打線と言うと序盤こそ霧島先発朝倉理香子の前に凡打の山を重ねたが4回、4連打でこの回3点を取り勝ち越しに成功する。
しかし6回表、無死3塁のピンチで登板したカナが連続四球の後霧島の主砲・夢美に痛恨の満塁弾を被弾し再びリードは霧島の元に。
その裏オイスターズは2死ながら満塁とすると今日ここまで安打の無かった1番・藍が走者一掃のタイムリーでリードを再び手繰り寄せる。その後も追加点を取るとリリーフもこころ・霊夢・サリエルと繋いでゲームセット。復帰戦を勝利で飾った。
なお夢子は第2打席で待望の初安打を放った後さらにもう1安打。マルチヒットとなった。

試合後コメント
「お疲れ様でした。私としては久しぶりの試合となりましたが、皆が良いプレーをしてくれました。」
(久しぶりの試合だったが問題は無かったか?)
「特に何かって事は無かったですね。これといって問題なく進行できました。」
(夢子に初安打)
「一足遅れてついに彼女のシーズンが始まったね。いくら守備がいいと言ってもレギュラーなら攻撃でも最低限成果を出して欲しいところ。1本出て彼女もホッとしているんじゃないの。」
「序盤こそ相手を打ちあぐねましたが、最終的には大量点を取れました。ナイスゲームだったね。」

(元阪神・ブリーデンの画像を載せる予定だったが上手くうp出来なかったため略)
kwjr

お久しぶりです。更新停止から約1月です。久々の更新であります。今後もたまに記事書くかもね。
(更新しとらん間も10近くPVあるのね。びっくりドンキーですわ)

それでは。

さて昨日からの続きです。
昨日の事はエイプリルフールではなく事実です。リアルです。
今日のこの記事を最後に連続投稿は一区切りさせていただきます。
理由は簡単に言うと忙しく記事のネタ出しや執筆に時間をとれない可能性が高いからです。
思い返すと15年にはじめてから約3年。毎日欠かす事なく投稿していました。なぜ続いたんでしょうか?ここで皆さんのおかげですとでも殊勝な事を言えればよいのですがそこのところよく分かりません()
毎日の投稿を止めるだけでここを閉鎖するわけではありません。ネタや時間がある時は投稿します。
自発的に閉鎖こそしませんがlivedoorさんサイドのサーバーはじめ諸事情で見れなくなる事はあるでしょうし見たい記事があったりデータとしてアーカイブしたいなら早めにするべきだと思います。(古いサイトとかリンク切れになって見れない所あるよね)
以上です。
それでは。またいつか。

pS5dcR2

さてさて、今日は4月1日。エイプリルフールであります。
今日はあらゆる所からネタ企画がぞろぞろ出ております。ご多分に漏れず私も各所のネタを楽しんでいたものです。
そして4月の初日と言うわけで新年度初日にもなり、様々な環境や状況が変化する日でもあります。色々変わるため知らせないといけないものもありますが日付が日付だけに信じてもらえないーって悲劇が待っているかもしれません。

そして私からもお知らせです。
明日を最後に当ブログ開設から継続していた連続投稿を一区切りしようと思います。
これが嘘か本当かは明日の記事をご覧ください。
それでは。

さてお待たせしました。過去3チーム全て在籍していた皆勤賞の選手について取り上げます。

石川雄洋
1 .087 0 0
2 .262 5 41
1年目は夏場に登録も結果を出せず2軍へとんぼ返り。昨季はレギュラーとして勝負強い一打で夏場に爆発した。

妖夢
1 .170 0 1
2 .281 2 32
こちらも1年目は結果を出せなかったが2年目は安定した打棒を見せた。

小悪魔
1 1S 3.00
2 1敗 10.69
両年共に出番は少なかった。昨季はもっぱらビハインド要員だったが巻き返せるか。

サリエル
1 5勝8敗 3.57
2 1勝5敗16S 5.78
1年目は先発のエースとして躍動。2年目は前半戦こそ不振だったがリリーフに転向した後半戦は不動の守護神としてチームの穴を埋めた。今季もクローザーとしての活躍が期待される。

以上が皆勤賞な選手でした。それでは。

↑このページのトップヘ